『Slay the Spire』が面白い
2020-02-21
# ゲーム

どんなゲームか

デッキ構築にローグライク要素を組み合わせた一人用カードゲーム。モンスターを倒してカードを手に入れ、デッキを強化しながらダンジョン攻略を進める。50Fのボスモンスター討伐すればゲームクリア。

カードを手に入れる時は50くらいのカードプールから3枚がピックアップされて、その中から1枚だけを選択して手に入れる仕様になっている。これが丁度良いランダム性を持っていて、運と実力のバランスが絶妙に保たれている。

このゲームの魅力

手に入るカードも対敵するモンスターもランダムなので死に覚えすることも出来ず、何回死んでも毎回変わらず1からのスタート。さらにダンジョンをクリアするたびに難易度が上がっていく。

これは無理ゲーだと思いつつも、何度も挑戦してこれはこうしたほうがいいんじゃないかと試行錯誤を重ねていくと、不思議とすんなりクリアできてしまう。経験と学習によって確実にこのゲームが上手くなっているという実感、これがかなりの快楽で中毒性がある。

1回のダンジョン攻略にかかる時間は1時間前後なのですが、とにかくあっという間に時間が溶ける。1週間前くらいに購入したのですが、もう40時間くらいプレイしています。ほどよいランダム性が効いていて全く飽きが来ない。

寝る前にちょっとだけやるかとスイッチを手に取ったが最後、気づいたら深夜の3時。生活が破壊されています。